青春18きっぷを使った鉄道の旅のこつや、楽しみ方。

青春18きっぷ、乗り換え地点で苦楽が変化?

ゆらり鈍行に揺られて
青春18きっぷの旅へ、
とは言うけれど。


もし座席に座れなかったら
ずっと長い時間耐え忍び
足が棒のようになってしまう!?

若者は座るより立つ方が…と言っても
青春18きっぷ使って
我慢大会というわけにもいきませんし。

時と場合によっては座っていくのも
決して悪いことではありませんよ。

そして青春18きっぷの旅ルートでは
始発列車からスタートすると
いいことがある?

終点まで揺られて、いざ乗り換え!
というよりも。

わざと途中下車して
後発列車に飛び込んだ方が
座れる確率はぐんと上がるんですね。

時折、
「若いのに座席を占領して…」
と小声が聞こえそうな場面を見かけますが。

実は長距離移動の秘策でもあって
心底疲れないため、
あえて座っているのかもしれません。

特に青春18きっぷで巡る旅は
距離と時間との闘いでもありますから
「座る」の一点が非常に重要なのです。

また、人は身軽な旅ほど憧れますけれども。
お土産を買いこんでいると
どんどん荷物が増えてくるのが難点ですよね。

いっそのこと、
お土産やら不要な手荷物は
先に郵送してしまうのも一手かと。

生ものを買っている場合、
温かい車内で腐らせてしまうのは
惜しいですからね。

終わりよければすべて良し、
小さな事柄ひとつひとつも
青春18きっぷの旅ではむげにできません。



【スポンサードリンク】